コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

【諦めずに済む!】18歳・保証人なしで一人暮らしを始める4つの方法

18歳、保証人なし、一人暮らし、始める方法

出典:アパート・マンション 外廊下 2 - No: 24844848|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

あなたは、

18歳で一人暮らしを考えているが、親には頼りたくない。保証人なしでも、部屋を借りられるだろうか。

という悩みを持ってはいませんか。


この記事では、18歳で親に頼らず部屋を借りる方法を見つけられる方法を4つ紹介します。


私は、ウエブライターとして300本以上の記事を執筆してきました。ウエブのみの情報収集でも、必要な情報を集めるスキルを備えています。

 

そのため、18歳で親に頼らず保証人なしで一人暮らしを始められる方法を紹介できますよ。

そもそも、18歳で部屋を借りられるの?

18歳、部屋、借りられるの

出典:鍵 - No: 4796473|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

法律が改められて、2022年4月1日から、18歳からでも物件の賃貸契約を結べるように変わりました。

 

そのため、親権者の同意がない人でも、個人の意思で部屋を借りられますよ。

出典:法務省:民法(成年年齢関係)改正 Q&A

保証人って何?

保証人は、部屋を借りている人に代わって家賃などを支払う人です。

 

部屋を借りている人が家賃を支払わなかったり内装に傷をつけたりしたままでは、部屋を貸している大家さんは困ってしまうでしょう。

 

そこで、万が一の事態が起きても対応できるよう、部屋を貸す際に保証人を立てて、大家さんにかかる負担を減らしています。

連帯保証人って何?保証人とは違うの?

連帯保証人も部屋を借りている人に代わって家賃などを支払う点は同じです。

 

保証人と違う点は、立場。

 

保証人は問題が起きてもすぐに対応する必要はありません。部屋を借りている人に家賃などを支払うよう催促できます。

 

何度支払いを求めても、応じてくれない段階に至って、保証人が支払いに対応するのが保証人です。

 

一方、連帯保証人は、部屋を借りている人と同じ立場にある人です。

 

そのため、家賃などが未払いの場合、すぐに連帯保証人に支払いの対応が求められます。

保証人・連帯保証人なしでも部屋を借りられるの?

親に負担をかけたくないなら、保証人の依頼を避けたいと考えますよね。

 

しかし、「都合よく保証人・連帯保証人をつけないで、部屋を借りられるの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

 

「もしものときの保証がなくなってしまうのに、大丈夫なの?」という不安を抱く必要はありません。

 

紹介する方法を使えば、保証人なしでも、一人暮らしの部屋を借りられますよ。

18歳・保証人なしで一人暮らしを始める方法

18歳、保証人なし、一人暮らし、始める方法

出典:室内写真 - No: 24284724|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

18歳で保証人をつけずに、一人暮らしを始めたいなら、以下の方法を選んでみましょう。

18歳・保証人なしで一人暮らしを始める方法
  1. サブスク住宅を借りる
  2. 家賃保証会社の保証を受ける
  3. 連帯保証人が要らない部屋を選ぶ
  4. 家賃の支払いをクレジットカードで済ませる

サブスク住宅を借りる

毎月定額の料金を支払って、部屋を借りられるサービスです。月額費用は3万円~とかなりお得なため、収入が少ない方でも気軽に部屋を借りられますよ。

 

部屋にはひと通りの家電・家具が揃っていますし、サービスによっては水道光熱費も月額料金に含まれています。

 

これなら、一人暮らしの開始にかかる出費をグンと抑えられますね。

 

そのほか、サービスによっては3万円ほどの初期費用がかかってしまいますが、一般の賃貸物件と比べると、22.2~25万円ほども出費を抑えられます。

首都圏の初期費用を家賃の4.5~5倍・家賃相場を約5.6万円で計算
  • 一般の賃貸契約:25.2~28万円
  • サブスク住宅:3万円~

出典:統計局ホームページ/統計Today No.152

 

サブスク住宅の詳細はこちら。

シェアドアパートメント【クロスハウス】の詳細

 

container39.hatenablog.com

家賃保証会社の保証を受ける

家賃保証会社の審査を経て契約を結べば、部屋を借りられます。

 

保証人なしでも部屋を借りられる理由は、家賃保証会社を保証人の代わりにするため。

 

保証人をつけなくても、家賃の支払いが滞った際に、家賃保証会社が家賃などの支払いを立て替えてくれます。

 

そのため、審査に通り、保証料を支払う余裕があれば、保証人なしでも部屋を借りられますよ。

家賃保証会社は選べない

不動産屋・管理会社・大家さんが選んだ会社と契約を結ぶため、あなたに家賃保証会社を選ぶ権利はありません。

保証料の支払いがある

無料でで、保証人の代わりを務めてくれるわけではありません。そのため、家賃保証会社と契約を結ぶと、保証料の支払いがともないますよ。

 

保証料の相場は、以下のとおりです。

保証料の相場
  • 家賃の0.5~1カ月分ほど(契約を結んだ際に支払う)
  • 年間で1~2万円ほど(毎年支払う)

連帯保証人が要らない部屋を選ぶ

物件のなかには連帯保証人を必要としない部屋もあります。

 

そのため、収入面などの基準をクリアにすれば、部屋を借りられますよ。連帯保証人なしの部屋は、人気がない・不具合が多いというのは、古い考えです。

 

保証人ありの物件と同じようなグレードの部屋も用意されているため、探してみる価値はあるでしょう。

 

大手の不動産賃貸仲介会社であれば、専用のページが用意されていますよ。

保証人不要の賃貸物件[マンション・アパート]を探す【アパマンショップ】

家賃の支払いをクレジットカードで済ませる

クレジットカードで家賃の支払いに対応した物件であれば、保証人なしで部屋を借りられる可能性があります。

 

クレジットカードでの支払いに対応した物件がある理由は、支払い能力を確認できるためです。

 

クレジットカードを作るには、審査に通る必要があります。そのため、カードを持っていれば、ある程度の収入があり、支払い能力ありと見なされますよ。

クレジットカード払いに対応した物件は少ない

とはいえ、一般の物件と比べると、クレジットカード払いに対応した物件は少ないといえるでしょう。

 

見つける手間を惜しまないのであれば、利用する価値はあるかも。

18歳でもクレジットカードは作れるの?

現在は法律が改められて、高校生を除いた18歳以上であれば、クレジットカードを作れます。

 

そのため、アルバイトをしている・会社に勤めている人なら、クレジットカードを作って、部屋を借りられる可能性があるでしょう。

 

 

クレジットカードを持っていないなら、今すぐにカードを作りましょう。

 

エポスカードは、私も使っているクレジットカードです。年会費・入会費無料のため、使いやすく、収入の少ない私でもカードを作れました。

 

カードの詳細は、こちらから。

 

ただし、物件によっては、特定のクレジットカードのみを利用可とするケースもあるため、確認が必要です。

まとめ

18歳の方に向けて、保証人なしの条件で一人暮らしを始める方法を解説しました。

 

紹介した方法を使えば、親に迷惑をかけたくない・頼る親がいなくても、保証人なしで一人暮らしを始められます。

 

実家に住み続けたくない・一人で生きていくしか選択肢がないという方でも、人生を諦めずに生きていけますよ。

 

最後に紹介した方法をおさらいしておきましょう。

  1. サブスク住宅を借りる
  2. 家賃保証会社の保証を受ける
  3. 連帯保証人が要らない部屋を選ぶ
  4. 家賃の支払いをクレジットカードで済ませる