コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

心配性の方へ!KARITOKE(カリトケ)の利用における紛失・盗難・故障の対応

f:id:container39:20210907162921j:plain

出典:Rudy and Peter SkitteriansによるPixabayからの画像

KARITOKE(カリトケ)の利用を躊躇っている方のなかには、腕時計の紛失や盗難、故障時の対応が気になるという方もいるのではないのでしょうか。

この記事では、KARITOKE(カリトケ)の利用で紛失・盗難・故障の事態に見舞われた場合の対応について、解説します。

対応の仕方・回避の方法を取り上げているので、記事を一読すれば、安心した気持ちでKARITOKE(カリトケ)の利用に臨めますよ。

紛失・盗難・故障・壊れた場合の対応

f:id:container39:20210907163308p:plain

出典:ijmakiによるPixabayからの画像

KARITOKE(カリトケ)を利用する際は、レンタルする高級腕時計を紛失したり盗難の被害に遭ったりするケースも想定されます。

また、使い方を誤る、不意の事故によって故障した・壊れてしまったというケースも想定されるでしょう。

このような状況に陥った場合は、以下のような対応が求められます。

  • 紛失した・盗難の被害に遭った場合の対応

  • 故障した・壊れた場合の対応

 

紛失した・盗難の被害に遭った場合の対応

紛失した・盗難の被害に遭ったら、即座にKARITOKE(カリトケ)に連絡を入れてください。

紛失の場合には、警察署に紛失届を出しましょう。盗難の被害に遭った場合には、警察に被害届を出してください。

また、KARITOKE(カリトケ)の調査に応じる必要もありますし、場合によっては書類の提出を求められます。

問い合わせフォーム https://karitoke.jp/inquiry
問い合わせ電話番号 06-6136-6490
受付時間(平日のみ) 10~19時

腕時計を返却できないときの対応

紛失・盗難によって腕時計を返せないときは、同等物の購入費用を支払う必要があります。

月額料金が安いcasual planの腕時計でも、数十万円の値が付いているので、紛失・盗難が発覚すれば多額の出費がともなうでしょう。

【必須】紛失・盗難の事実を即座に伝える

気が動転していても紛失・盗難の事実は隠さず、素直に伝えましょう。問題を先延ばしにしても、問題は解決しません。

もし、拾ったり盗んだりした人がリサイクルショップなどに売り払っていれば、腕時計が見つかるかもしれません。

理由は、腕時計のシリアルナンバーを公開しているためです。KARITOKE(カリトケ)は腕時計を取り扱うリサイクルショップなどに、レンタルする腕時計のシリアルナンバーを伝えています。

そのため、売り払うためにお店に持ち込まれれば、腕時計を発見でき、KARITOKE(カリトケ)に戻ってくる可能性があるでしょう。

KARITOKE

故障した・壊れた場合の対応

KARITOKE(カリトケ)が定める「安心キズ保証」の範囲内なら、修理費用を負担する必要がありません。

気になる保証内容は、以下のとおりです。

通常使用による軽微な擦りキズ・打痕傷・ガラス傷

○※

ムーヴ内部の不良による故障

クオーツ時計の電池交換

革/ラバーベルトの破損/汚損

(革ベルトについては配送/店舗での交換も承っております。)

※落下や強い衝撃による打痕・破損は対象外となります。

引用元:安心キズ保証|ブランド腕時計のレンタルサービス

 

保証内容から、常識的な使い方によるキズ・故障なら、利用者が修理費用を負担せずに済むといえますね。

使用期間に比例して劣化するベルトについても、革・ラバーベルトなら保証の対象のため、修理費用の負担を避けられるでしょう。

KARITOKE

保証を受けられないときの対応

上記の保証範囲にあてはまらない故障では、部品代や修理費用を支払う必要があります。

故障した・壊れた状況ごとの対応は、以下のとおりです。

故障した・壊れた状態 対応
ガラス内部の結露・水滴・曇りが確認された 修理費用の支払い
リューズ等の部品の欠落・紛失・破損を確認した 部品代と修理費用の支払い
腕時計本体やベルトに香水等の匂いが付着した 部品代と修理費用の支払い

参照元安心キズ保証|ブランド腕時計のレンタルサービス

KARITOKE

紛失・盗難・故障・壊れたを回避するには?

f:id:container39:20210907163430j:plain

出典:ijmakiによるPixabayからの画像

KARITOKE(カリトケ)を利用するなら、誰しもが紛失・盗難・故障・壊れたというを避けたいと考えるでしょう。

これらを回避したいなら、以下の方法を試みてください。確実とはいえないものの、何もしないよりは紛失・盗難・故障・壊れたを回避できます。

  • 「故障・壊れた」を回避する方法

  • 「紛失・盗難」を回避する方法

「故障・壊れた」を回避する方法

腕時計の「故障・壊れた」を避けるなら、以下の方法を試してください。

  1. 水を防ぐ

  2. 振動・衝撃を加えない

  3. 磁気を避ける

  4. 香水を振りかけない

     

1.水を防ぐ

腕時計は精密機械です。水に濡れると故障を引き起こしかねないので、水がかからないように使いましょう。

装着を避ける場面は、以下のとおりです。

  • 入浴
  • サウナ
  • プール
  • 海水浴
  • 川遊び
  • 洗顔
  • 手洗い
  • 歯磨きなど

このほか、水の侵入を防ぐならリューズの扱いに注意しましょう。リューズは時刻・日付などを調整する部品です。時計のタイプによっては、リューズを引き出して使用します。

そのため、リューズを引き出したままにしておくと、水が入りやすく、故障の原因につながるでしょう。

時刻を合わせたりゼンマイを巻いたりした後は、リューズを元の位置に戻すようにしてください。

2.振動・衝撃を加えない

KARITOKE(カリトケ)でレンタルできる高級腕時計には、機械式とクオーツ式の時計が用意されています。

機械式は、ゼンマイを自動・手動で巻き上げて、時計を動かすタイプ。クオーツ式は、電池・ソーラー電池で時計を動かすタイプです。

機械式の自動巻きは、強い振動・衝撃が加えられると、歯車が狂う可能性があります。そのため、激しい運動を始める前に、腕時計を外すようにしてください。

また、機械式の自動巻きは、時計を振って秒針の動きを確かめることがあります。強く降ると故障の原因につながるので、強く振らないようにしましょう。

機械式の手巻きでは、ゼンマイの巻きすぎに注意してください。巻きすぎるとゼンマイが切れる可能性があるので、40回を目安にして巻きを終えるようにしましょう。

3.磁気を避ける

KARITOKE(カリトケ)の利用では、電磁波を発する機器に腕時計を近づけないようにしましょう。

電磁波を発する機器には、以下のような電化製品が挙げられます。

磁気の影響を避けるなら、これらの機器のそばに腕時計を置かないようにしてください。電子レンジや冷蔵庫などはキッチンにあるため、影響は少ないといえますが、そのほかの機器は注意が必要です。

【避けるべき腕時計の置き場所】

  • テレビ台
  • パソコンがあるデスク上
  • スマートフォンを置くサイドテーブルなど

4.香水を振りかけない

KARITOKE(カリトケ)の腕時計はレンタル品です。自分が使用した後は別の方が装着するため、匂いをつけないようにしましょう。

香水を使う方は注意が必要です。癖で手首に振りかけてしまうと、腕時計に匂いが付いてしまいます。

香水を使う際は、手首以外に振りかけるようにしてください。

KARITOKE

「紛失・盗難」を回避する方法

「紛失・盗難」の被害に遭って、腕時計分の費用を弁償したくないなら、以下の方法を徹底しましょう。

  1. 腕時計の置き場所を決める

  2. 腕時計を外さない

  3. 腕時計を置きっぱなしにしない

  4. 海外旅行では腕時計を着けて行かない

1.腕時計の置き場所を決める

腕時計の紛失を避けるなら、置き場所を決めておきましょう。自宅や会社、車内など腕時計を外す場所ごとに置き場所を決めると、紛失を回避できます。

2.腕時計を外さない

出先では極力腕時計を外さないようにしてください。自分で決めた場所に置いていないため、うっかり外したことを忘れてしまいます。

手洗いなどで外す場合には、ポケットに入れておくようにしましょう。これなら、腕に装着し忘れても、置き忘れを防げます。

3.腕時計を置きっぱなしにしない

海外では国によって、治安が悪く、盗難の被害に遭いやすいといえます。少しの間席を離れるときでも、腕時計は置きっぱなしにせず、着けたままにしておきましょう。

4.海外旅行では腕時計を着けて行かない

海外の旅行先で高級腕時計を装着していると、金目の物を見せびらかす行為につながります。泥棒の目を引いてしまうので、海外旅行では腕時計を着けないようにしてください。

このように盗難の備えでは、腕時計を置き場所を決める・腕時計を外さない・腕時計を置きっぱなしにしない・海外旅行では腕時計を着けて行かないことを徹底しましょう。

KARITOKE

紛失・盗難が心配なら保険に加入する

個人賠償責任補償の特約を付けて、火災・自動車・傷害保険に加入すれば、レンタル品は補償の対象に含まれます。

そのため、KARITOKE(カリトケ)でレンタルした高級腕時計を紛失したり盗まれたりしても、補償が受けられるでしょう。

東京海上日動火災保険では、2019年1月から個人賠償責任補償特約の範囲を広げているので、保険の切り替え・加入を考えている方は、KARITOKE(カリトケ)の利用に合わせて、保険に特約を付けてみましょう。

東京海上日動火災保険

まとめ

f:id:container39:20210902121330p:plain

出典:KARITOKE(カリトケ)|高級・ブランド腕時計のレンタルサービス

KARITOKE(カリトケ)の利用で気になる紛失・盗難・故障時の対応について解説しました。KARITOKE(カリトケ)でレンタルする腕時計は高級品です。

安くても数十万円の価値があるため、失くした・盗られた・壊した・傷つけたなどが起これば、修理費用や部品代、弁償代を支払わなければいけません。

出費を抑えるためのレンタルによって多額の費用を支払うことになりかねないので、紛失・盗難・故障が起きないように腕時計を扱いましょう。

万が一の場合は、取り上げた内容のように行動してください。

KARITOKE

KARITOKE(カリトケ)についての情報は、以下の記事でも取り上げているので、気になる方はチェックしてみましょう。

 

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com