コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

特産品の購入先はどこがベスト?おすすめはタウンライフマルシェのグルメ定期便

特産品、購入先、ベスト、おすすめ、タウンライフマルシェ、グルメ定期便

出典:手土産 お菓子 - No: 24442494|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

各地の特産品を買うには、どのような施設・サービスを利用するべきでしょうか。

 

特産品の購入先を決めかねている方に向けて、ベストな購入先を紹介します。

 

ちなみに、私がおすすめする購入先は、定期配送のサービスです。

特産品の購入先はどこがベスト?

特産品、購入先、ベスト、おすすめ、タウンライフマルシェ、グルメ定期便

出典:築地場外市場 - No: 1609829|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

特産品のベストな購入先を探している方に向けて、8つの購入先を紹介します。

 

購入したい特産品や住んでいる場所、手続きの手間などから、特産品の購入先を選んでください。

特産品の購入先はどこがベスト?
  1. ふるさと納税
  2. カタログ通販
  3. オンラインショップ
  4. 物産展
  5. 市場・露店
  6. 道の駅
  7. アンテナショップ
  8. 定期配送

【特産品の購入先1】ふるさと納税

特定の自治体に寄付すると、寄付に対するお礼(特産品)がもらえます。

 

複数の自治体への寄付も認められているため、全国各地の特産品も手に入れられるでしょう。

 

2,000円の自己負担で、所得税(今年分)からの還付や個人住民税(翌年)からの還付・控除が受けられる点もメリットといえます。

 

デメリットは、

  • 手続きに手間がかかる
  • 控除額に上限がある

といった点です。手続きでは、申請書・本人確認書類を提出するか、確定申告を済ませる必要があるため、気軽に特産品を受け取りたいという方には不向きといえます。

【特産品の購入先2】カタログ通販

カタログにまとめられた商品から特産品を購入できます。カタログの種類には紙のほか、デジタルも用意されているため、オンラインショップのような使い方も可能です。

 

とはいえ、デメリットには、

  • 種類が多いため、選びにくい
  • 価格の高い商品が目立つ
  • 各地にある有名店の商品が多い

といった点が挙げられます。

 

優柔不断、できる限り出費を抑えたい、あまり知られていない商品を求めるという方には向いていないといえるでしょう。

【特産品の購入先3】オンラインショップ

インターネット上でで、各地の特産品や特定の地域で販売されている特産品を購入できます。

 

メリットには、

  • 豊富な商品数
  • 購入のしやすさ

が挙げられるでしょう。

 

しかし、以下のようなデメリットも挙げられます。

  • 商品数が多いため、選びにくい
  • 目新しい商品を探すのに時間がかかる

そのため、特産品の購入エリアが決まっていない・ある程度特産品を把握している方でなければ、利用には向いていないといえます。

【特産品の購入先4】物産展

各地の名産品がひとつの売り場で購入できます。デパートやスーパー、駅ナカ、アウトレットモールなどで開かれているため、その場で欲しい物を手に入れられますよ。

 

ただし、

  • 開催は不定期のため、欲しいときに購入できない
  • 会場まで足を運ぶ必要がある

といったデメリットが予想できます。

 

そのため、欲しい物が決まっている・今すぐ手に入れたい・買い物のために外出したくないという方には不向きな購入先といえますね。

【特産品の購入先5】場外市場・露店

その土地で売られている特産品を購入できます。魚介類を始め、精肉や果物、総菜などがライアップされているため、さまざまな商品を手に入れられるでしょう。

 

とはいえ、

  • 【場外市場】営業が早い時間に終わる
  • 【露店】季節・イベントなどでしか店を構えない

といったデメリットも見られるため、時間・時期を逃すと、特産品を購入できない可能性があるでしょう。

【特産品の購入先6】道の駅

各地にある道の駅にも、土地の特産品が購入できるコーナーが設けられています。

 

有名な商品はもちろん、隠れた特産品も揃えられているため、目新しい商品を見つけられる可能性があるでしょう。

 

しかし、

  • 遠方の特産品は買えない
  • 都市部から離れた場所にある

というデメリットがあるため、観光や仕事のついでに立ち寄る場合には、適した購入先といえます。

【特産品の購入先7】アンテナショップ

都市部にある店舗で、特定の地域で販売されている特産品を購入できます。

 

物産展のように、その場で商品を購入できるため、当日に購入した特産品を食べられますよ。

 

また遠方に足を向ける必要がないため、都市部に住んでいる方には利用しやすい購入先といえます。

 

とはいえ、

  • 扱う特産品は特定のエリアのみ

というデメリットが挙げられるため、さまざまな地域の特産品を購入したいという方には不向きといえますね。

【特産品の購入先8】定期配送

サービスの利用で、定期的に特産品を配送してくれます。

 

選ばれた各地の特産品を自宅に届けてくれるため、利用により、

  • 全国各地の特産品を食べられる
  • 商品を選ぶ手間が省ける
  • 面倒な手続きが要らない

といったメリットを得られるでしょう。

 

とはいえ、定期配送のサービスによっては、配送する特産品を特定のエリア・商品(肉・魚介・野菜・果物など)に限っています。

 

そのため、加工品やお土産用のお菓子などを購入したい方は、タウンライフマルシェのグルメ定期便の利用をおすすめします。

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」の特徴

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、特徴

出典:グルメ定期便|各地の特産グルメをお届け!|タウンライフ マルシェ

 

タウンライフマルシェのグルメ定期便には、利用をおすすめする以下のような特徴が挙げられます。

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」の特徴
  1. 毎月全国の特産品を送ってもらえる
  2. 商品の内容はシークレット
  3. 商品・観光情報が書かれた印刷物がもらえる

\HPはこちら/

グルメ定期便

【特徴1】毎月全国の特産品を送ってもらえる

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、毎月、全国、特産品、配送

出典:グルメ定期便|各地の特産グルメをお届け!|タウンライフ マルシェ

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」を利用すると、毎月異なる地域の特産品が配送されます。

 

月によって配送される特産品のエリアが違うため、旅行に行ったような感覚で商品を受け取れるでしょう。

 

ちなみに、利用の1年目では、2つのコースを用意。

Aコース
  • 北海道
  • 岩手
  • 福岡
  • 富山
  • 宮城
  • 新潟
  • 沖縄
  • 高知
  • 青森
  • 宮崎
  • 山形
  • 熊本
Bコース
  • 沖縄
  • 高知
  • 青森
  • 宮崎
  • 山形
  • 熊本
  • 北海道
  • 岩手
  • 福岡
  • 富山
  • 宮城
  • 新潟

以上の順で、各地の特産品が届けられます。ちなみに、紹介した地域は確定ではありません。別の地域に変わる可能性もあるため、目安として捉えてください。

 

2年目以降のエリアは、利用継続してからお楽しみです。

【特徴2】商品の内容はシークレット

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、商品、シークレット

出典:グルメ定期便|各地の特産グルメをお届け!|タウンライフ マルシェ

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」から配送される特産品は、明らかにされていません。

 

しかし、以下のような特産品が毎月配送されるため、商品のイメージはしやすいでしょう。

配送される特産品(イメージ)
  • 地方で作られているレトルトカレー
  • ドレッシング
  • 野菜ジュース
  • ジャム
  • ゼリー
  • 粉末スープ
  • 炊き込みご飯の素
  • 調味料
  • 贈り物のお菓子

特産品は地元で採れる野菜や海鮮、果物、素材などを使って作られているため、自宅に居ながら地方の味を堪能できるでしょう。

 

アンテナショップのバイヤーが配送する特産品を選んでいるため、トレンドの商品・味の良い商品・知られてない商品に出会えますよ。

【特徴3】商品・観光情報が書かれた印刷物がもらえる

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、リーフレット

出典:グルメ定期便|各地の特産グルメをお届け!|タウンライフ マルシェ

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」では、特産品のほかに、情報を網羅した印刷物も配送してくれます。

 

土地のお店で店員さんから教えてもらうような感覚で、特産品の情報を得られるため、観光地でお土産を購入した気分に浸れるでしょう。

 

また観光地の情報も得られるため、旅行したかのような気分を堪能できるといえます。

 

事情があって旅行を控えているという方でも、定期便の利用により、代わり映えのしない暮らしを少しだけ楽しい時間に変えられますよ。

\HPはこちら/

グルメ定期便

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」のコース

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、コース

出典:123 ビジネスイメージ - No: 23110435|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」では、以下の4コースが用意されています。

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」のコース
  • 通常定期
  • 3カ月定期
  • 6カ月定期
  • 12カ月定期

通常定期の詳細

毎月利用料を支払うコースです。サブスクで利用できるため、やめたいときにサブスク契約を解除できます。

 

お試しで特産品を送ってほしいという方に適したコースといえますね。

3カ月定期の詳細

3カ月分の料金をまとめて支払うコースです。支払いをまとめているため、料金は通常定期を3カ月利用するより、540円安く設定されています。

 

1回の利用ではサービスの良し悪しを判断できないという方に合ったコースといえるでしょう。

6カ月定期の詳細

6カ月分の料金をまとめて支払うコースです。その分、料金は通常定期を6回利用するより、1,620円安く設定されていますよ。

 

一定期間のサービス利用を求めているなら、こちらのコースをおすすめします。

12カ月定期の詳細

1年分の料金をまとめて支払うコースです。

 

コースのなかで一番利用期間を長く設定しているため、料金は通常定期を12回利用するより、4,320円も安く設定されています。

 

長期間利用してみて利用の継続を決めたいという方に向いたコースといるでしょう。

\HPはこちら/

グルメ定期便

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」の利用料金

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、料金

出典:電卓 - No: 24458334|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」では、利用する際、以下の料金を支払います。

利用料金
  • コースの利用料
  • 送料

コースの利用料

利用するコースによって、以下の料金を支払います。

 

コース 料金(税込)
通常定期 3,877円
3カ月定期 1万1,091円
6カ月定期 2万1,643円
12カ月定期 4万2,206円

 

通常定期コース以外は、料金をまとめて支払います。利用期間に加え、一度に支払う金額も考慮して、利用するコースを選びましょう。

\HPはこちら/

グルメ定期便

解約はできるの?

できます。契約終了月の20日(休日・祝日以外)までに、電話・メールで解約の連絡を入れてください。

中途解約はできるの?

できません。コースの利用期間を過ぎるまでは、利用を続ける必要があります。

 

中途解約を不可とするため、返金の制度も設けられていません。

解約の手続きを済ませないとどうなるの?

自動で契約が更新されます。

送料

1回の配送につき、以下の送料がかかります。

送料
  • 1,100円/配送
  • 北海道・九州:1,650円/配送
  • 沖縄・一部の離島:2,200円/配送

支払うタイミングは、コース利用料の支払いと同じタイミングです。

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」の支払い方法

タウンライフマルシェ、グルメ定期便、支払い方法

出典:スマホとクレジットカードを持つ女性 - No: 23781990|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

サブスクの利用では、以下の支払い方法が用意されています。

支払い方法
  • クレジットカード

支払いに使えるクレジットカードのブランドは、次のとおりです。

クレジットカードブランド
  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • AMEX
  • Diners

まとめ

特産品の購入先を紹介しました。特産品を購入するなら、定期配送のサービス利用がおすすめです。

 

定期配送のなかでも、私はタウンライフマルシェ「グルメ定期便」の利用をおすすめします。

 

タウンライフマルシェ「グルメ定期便」を利用すれば、

  • 毎月全国の特産品を配送してもらえる
  • 配送される商品はシークレットのため受け取る楽しみがある
  • 4つのコースから利用に適したコースを選べる

といったメリットが得られますよ。

 

思うように旅行に行けないという状況にあっても、旅行に行ってお土産を買ってきた気分に浸れるでしょう。

\HPはこちら/

グルメ定期便

 

特産品以外の定期配送にも興味がある方は、こちらへ。

 

 

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com

container39.hatenablog.com