コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2018-12-09から1日間の記事一覧

兎死狐悲、亦は狐死兎泣 6-7

「悔しかったら」室田は入り口に片耳を向ける顔のねじり。「そこの『週刊医療ジャーナル現場編』を読んでみたらいかがかしらね」 封書を彼女は持ち込んでいた、宛先はホテル、ここへ送られてきた郵便物である。 彼女らと入れ替わりに安部が姿を見せた。そう…