読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

7  848

 二十分をかけ店先の海水浴場にお決まりの重なる浮き輪、館山は刑事たちの処遇を体感、捜査権が市外であるといらぬ心配に、タイヨウ食品は受付をこましゃくれた白銀の触ると血の出る恐れ、木型のオブジェは口の開いて、用向きを問う、地下三階、白衣が制服に保護ゴーグルとゴム手袋のブースを前に廊下で尋ね打明けた。

 あわと、持ち帰る自宅の土をタイヨウ食品の研究員に。「店長が換わり」、実家の土を調べます、「個人が求めであるか」に一変、遠巻き、構える刑事たちが思い浮かんだ。

 店長の休日に私が無理に帯同をねだるのだし、選ばれずはもっともでまして、と呼びかけに角を曲がる種田が移動を伝えた。

 通路を戻る。左、右は突き当りを左へエレベーター、工程をひたすら考えるうち発起を捉えられて意識にピンが留める、涼やかなコーヒーの図柄自販機の横に二人が間を取り座る。彼女は逡巡をわずか対面に位置を着く。

「優先していただける、この間の事件はご存知でしょう」

そうか、タイヨウ食品はS駅構内首切り殺人の翌月に法適用の及ばぬここcentral cityに移った、つまりそれは、と出かかった詮索を、飲む。しかし、足を組む置いた左手親指はサムアップを作った、ように映(み)えた。

 間を埋めて、隣の白い蝋人形は空調の風にまるで氷像を覚悟したとは、時々開く瞳はセンサーに比して強力、動物の闇の向こうよりの寄るな、居るぞ、信号を発す。「ついでにですから」、警察も貸しを作りだが残す高質な紙幣を覗いてさ、五円玉と三円であるもの、消費税のためのこれはよけていた一区画。

 ふるまった。

飲み終わる頃、透明な眼鏡は特別制かしらと、スキーのゴーグルと顔に押し付けるゴム製のバンドが首よりかかる。

「比べて判明したのですが」熊田が別室への移動を断った、研究フロアの機密は守られる、漏れるはそちらの落ち度と、情報はカメラより掬えばよし、ただしカップを上に人差し指が、君らが権利は警察に向かわず知られずであるならば。いつになく、言葉が溢れる、暑さだ、夏だ、急に冷やされた食材の身になれたさと負け惜しみも饒舌。

 ヒキタミツキ氏の畑より採取された持ち込まれた土は、項目の一つを除いて、検出された物質はほぼ同じ、あるものの量が異なる、と。しかしうちの畑も数か所位置を変えた採取を行ってからでなければ、念を押した。

 窒素。漉き入れる緑肥にレンゲソウを育てた、根に寄生する菌と共生関係をもち吸収に適う状態に空気中の窒素を変えてもらい体内に取り込む、学生時代、十数年前の頁をたどる。

 館山は斜め上を、要因が判明するとして割合を世に教え発見者を取り上げて家から直接は店には母親の軽トラックと燃料代の嵩み、仲介業者が実家にそして店へと。

「館山さん、自宅へ連絡を。私がかけてもかまいませんけれど」

 熊田の低音に「はい」出かかる声と首肯は寸前にて、思い出した、一般の家庭に生まれていれば、彼女は瞬き節目を経て言う。

「次の帰宅は婚礼の前日と決まるのです」補足も、「お前が足を運ぶ必要がどこに」に対し私を介する物事の事物、取り決め一切が母の妨害に遭うと思ってくだされば。わかっている、これも口述ではまず誰かが生贄に、手を挙げた女性刑事ならばと、館山は店のためであると割り切り、二度のあともう一度、妨害のほどを詫びた。