コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

下町+洋食店×都会派ミステリー「重着り」 9  1725

「私の役目でしてね、嫌ですよ、娘の仕事場には顔を出せるものですか。取り決めを交わした仲、一度現物の具合を確かめずには、生産者の鏡とお呼びになってもよいでしょう」活躍は八面六臂、口をふさぐにこのtype(かた)は仕事を与える、館山の父は見事国見蘭の代役を果たした。計算は不得意と豪語するも、会計は各自が並ぶ間に回りの方々とお釣りをやり取りなさいな、入店はスムーズ、お手製の拡声器より誘導をやってのけた。

 麺を啜りお代わりを要求、あいにくと一玉で、野菜をそれではいただきましょう、旺盛な食欲は日ごろ体を動かす者の速度、静かだ、楊枝を扱い水を一口飲むや、さんざめく。

 小川はぐったり湯気にやられてつっぷ、仕事は全うしましたから、僕は居残るより帰宅を目が話すのであるが。早々と今日の一本が吸えた、店主は灰皿をたたく。

「土曜に帰られたあとです、ピーマン二つで三百五十円は高い、電話が入りましてね、パプリカですよ、それでも、ええ値の張る。私は四つでその値をつけた、おっしゃるよう個数の表示は。ですから、居てもたっても。確かめてもらうつもりで出したのに、忘れて帰ってきましたからもう、私ったらかん々に、休みを貰い来てやりましたよ」店長さんには突然でご迷惑 のか、館山は白紙の書かれた内容に思いを馳せて、車は意に、あっとでしたけれど。駆逐、崩れる、細胞が痛み傷をほろぼろ、砂のごとく落ちた、腐敗とは遠く突如構成が破綻をきたした、建物の柱を抜く、形は崩れた家と知れる、時限装置を踏む、足元は線を誤り切断、それと知らず赤いボタンを押してしまった。店主は活性酸素の害を提示する。

 答えは早く、「ビニール袋は穴の開きましてね、呼吸させませんと。知りません、エチレンガスによる花と果物の出荷のお話し。麗しき私が棘のあるバラを桃と一緒に市場へ出荷にがたごと、到着開いて、おったまげ、あられもなく萎れた美しき花がくたびれたことを」父親は人差し指をくるり冷凍車でもなければね、しかも二つは生き残る、仕込まれたのは空洞のなかにであるかも。ですが、収穫と配送は私と妻のみが携わり、お判りでしょう、あろうはずがありませんもの、ほほ。

 小川も力なく参戦し、「他の畑の作物にもですから、一つ一つは手間暇がかかって」もうこれ以上は、ひらひらと片手が伏せる。

「届いた作物は形を残す」店主は斜め上を見やる。倉庫を見つめて、「長く土地に居座ると発現をするかもしれない」

「頭の切れる方は素敵」けっ、小川が素直に反応を示す。いがみ合い、離反。あたた、振りぬくに天板が近い、側頭部をぶつける。高笑い、ごほんと取り乱した精神を静める父親

「土地に育ち、収穫は迅速に早々他所へ離れて食べる」種をより遠くに播きたい、近場ではまた食べられて実りがいずれ身の亡ぼす、先手、同志が消え去ろうと先々を見据えて、店主は一人つぶやく。

「あの男らしい刑事さんは会を調べていましたわ、いいでしょう。私の車に乗りなさいな」言うが早いか、彼はdoorを開いて、「同級生ですの、ヒキタミツキは」あらいやだ、莫大な出費を経費で落ちるかしら、午後のlunchは小川に任せ店主は彼女の悲痛も耳にせず、食材を限り気温が今日は下がるので、hitを与えた。着の身着のまま、遮る袖はありがたい、スッキプに店主は続いた。