コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です ch 8

「没頭と正常の境は、だって曲が狂わせるだなんて、信じられますかいな」歌を聴き満足に気を失う客席の女性を三人目、部屋に運び入れ見張りを二人にアイラたちは特別室に戻る。代弁、しかも提供した歌うは他人の曲を特例に認めてしまえますか、デモテープの扱いを提供先より漏れて、「発現は時間とばかりはいえないのですね」刑事は後ろ手にバリケートを除けたドアに前、内部は荒くうねる波の高くは、比べ通路へはみ出して下船に胸の踊る旅の続きがはしと届く。そうか、アイラは思う、私が解決してくれて少々の足止めに観光に予約ホテルのキャンセル、宿泊を今や遅し、開けて見るまでは、。
「笑う、のですよね、これ」大の字に女性が一人、靴を足に繰り返し、胸が沈ずむ。出入り口を何度か、引き戻る襲われた場合を彼は想定して、心配は無用だよ、手を招いてしかし、判断は私たちに仰ぐ。生きてはおり、意識は失われ日を跨いだ活動である、カワニは刑事に促されて、「押し付ける準備を」願おうと、意表を突くこれは現実ですよ、質問を受ける機会が言わせる。
 つながるコードを抜いた、あわと口に手のかかるカワニよりベッドへ、寝息に聞き入る。改善された、時を空かずに接種し事なきを得るが、刑事は言う、「我々がそれを根拠に基づき採用するのか、」彼は腕時計を見て、「港に降り立ち船に捜査員が乗り、記録を許された信じるに値をすると認められた現実です。人は眠り、二人は死に乗客は口をついて没入だと」、つまり納得にあなたであろうとも困難に船を下りた楽観視は、意識を通路へまわり送り、「望まぬ現実に引き戻されるのがおち」
 通路に四度アイラたちは対峙して、カワニは近時のスケジュールを、一蹴タテカワの乗客が背に腹はと関係者に事情をありのまま漏らした損害に頭の抱えて、アイラは不足を尋ねた。「あの人なら」体ごと私が代わりに潜る一室を指した、「僕だって妙案を思いつく頭は持つのです」頻度はアイラさんと比べるのもおこがましいですね、。「彼女ではありません」私は訊いて、あたりを目に見える範囲にそれは転がって、固まりカワニが事態を飲み込む先に二人、ドアを打ち鳴らす、「外へ」刑事が先陣を風を切って、動くな、カワニに命じたタテカワが、私は破れた窓が特別室に。
 ベランダは吊るす鉢を受けた強度に材質は二名の重さにも耐えうる、ロープを伝う険しい表情は舞い込む風が源であるのか、船窓は割られていた。首を振って、タテカワは中より通路に出たらしい、刑事が一人、風を浴びて海上は霞のかかり地上に向け、「これも仕事ですから」内心はそそられた興味を満たす、開けた空間降立つ様は探検に秘密基地を見つけた侵入にあふれる。「あなたの連れでしょうに、教えなさい」ドアを開けるなり、男性でも胸ぐらをつかむ者は少数に、私が血気盛んな地域と建物を避けるからか、引きはがしたカワニは力を込めて散、両者に非を告げる、さかな出る態度が上司をあおり、部長は言葉を飲み込んでから物を言うべきです、撤回をあなたが呼ぶのですよ、。刑事は、訪れる前に言っておきましょう、私にとっても、皆さんも準備が入用ですし、「この有様には、知り合いというべきなのでしょうね」 正体に息を呑んだ、開閉の早く巻き込む風が手助けに演出をここを狙い子供を目に装いか、「あなたでしたか」アイラは再会をこぼした。