コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

10  1007

「お時間よろしいですか?」二階の窓に向かい熊田が頼む、門前は館山リルカの実家、車は空港にてレンタカーを借りた。警察です、熊田は反応を待ち二言目を告げる。

 だから、強い。母親は網戸越しに一匹の侵入も許しません、蚊ほどもね、あのひとなら言いかねないし顔と態度は現している。証しを見せられて用件を聞くには窓越し声の聞こえる、問題はなく疑われるは母親の人間性も、敵は常にどこかしこ隣近所の分け隔ても私事を貫く。母といい、あの父といい、熱に浮かされた私はここへ向かうと体が離反を、守るならば尻尾を巻き退却が望ましいか、館山は私は外で待つことを車を出、炎天下の道で時を過ごすなら、と。

「すいません」首をしゃくって奥に消える母、入れ、あがれという合図。種田は私の電話番号をきいた、戸惑いも会話の様子を私に伝える、私的利用と私に意思疎通を図れてか、まったく、しかし同性より突然呼び止められ前に回り顔を写真を撮られる過去はしば々である、この人も疑った自らを館山は陽にさらした。端末の温度表示は三十・五度を示す。

「はい」アンテナの張る母親を逃れるには、館山は受話口を抑え車を背に日陰へ回わりいつも腰を掛けた土手との境のblockに、腰を掛けた。

「あっと、いえ、二階です」普通ではありませんから、最初に教えておくべきだった。

「用件を先に、時間は貴重で限りのある」警察だから、首相だから天皇、皇后様も母の前には対等かそれより下、彼女を越える上という概念はないのだ。

「数か所、畑の土を採取(いただ)きたい」

「いやです」あの人は、冷蔵庫は確実に塞がる両手を言い訳に腰か肘でもって閉めた。

 私が企業に例えればおいそれと売り上げを担う人気商品の秘密、開発秘話、使用する素材、過程、アイディアが生まれた工程などを率先は惜しげもなく蹴り落される相手に歓迎をあらわ喜び跳ねて情報を開いた。「あなた方は情報の扱いを軽くとらえる、意識に欠ける。知る者、情報に触れる者の数をまず減らし事件解決後の処理法をこちらに明示、納得を私が返したうえ、ようやくだろうに」まったく。

「お嬢さんは土の解明を望みます、そちらの身勝手が産む、選択を余地を問われずに住居と暮ら続け両親が生活になく々営み、裏の畑は敷地と思えます。彼女にも土に触れ歩き回り、いずれは順番に適う、その持ち出す権利も要する」端末に近い、種田の声が迫りあのひとに向かった。太刀打ちは傷を負うはめに、いや、館山は店長と対を張る論破に長けた者の過去、店内の立ち振る舞いを思い出す。

 、しかしやり込めた母は生まれてこの方出会ったろうか、熱を持つ端末に保護filmが曇り手の甲汗腺より汗の開く穴。水色と下地に黒をちぎれて雲は空の模様、一日に二度の体験が襲う。世界が止まる。

「入ってこれたら、ええ家の敷居を跨げたならね」階段を駆け下りて、引き戸の開き、振り返る私に影と手の捕まれて、

「ですから、婚約前夜でなければ私は家に入っては、」

「これで荷が下りた」客人の一杯を母は傾けた。手首はびくとも、武術は警察官に必須だったか、通話を切る種田を中腰で見上げた。

「あなたに厳しい、嫁に出すまでが私の義務ですから、解放されてもう私の子供でもありません、どうぞお好きなようにここは他人の家、家の土を持ち帰ろうがお好きになさい」通報されます、熊田の指摘に、「出戻った娘が家でなにをやら、個人の責任では?」どこか情報が世間へもれ家計に打撃を与えうる、父と母の目に見えるや即刻私というかつての娘に正当な要求を突き付ける、これでもよければ、警察も警察だ。

 ふるまう、別のグラス入る麦茶を三人はがばと飲み干して、裏の畑に立つ。tableを間に、長く熊田を睨んだが考えを持つ表情は汗のほか微動だにせず、しっかりお礼を放ち母へはいつの間に購入をしたのかゼリーの詰め合わせを暑い日が続きますので、涼を。私費であると祈る。

 せっせ、回収に種田が走る。彼女が部下であるからとは、こちら側の四隅を熊田が、三haを端へ種田が担う。「道ができる、通行は許そう、車の侵入は目的とみなし通報しますから」、実家の裏は一m強を下り畑地を作る、車が止まる道路も実家と並び家が建ち土手より車の侵入はスタントか破損を覚悟しなくては、レンタカーならば尚のこと、目ざとくナンバーを読んだか。

「母の性格を知っていたとは思えませんけれど」腰を屈めた熊田へ吐いた。

「縛られた時間をあなたは生きた。親の役割は終わりました」

「親代わりは私ですが、」

 息を吐き、短辺の中へ。奥にちら々陸上選手の靴底。「あなたは働く店のため」顔がこちらに、「私らは死の真相のため」

「明日婚礼を上げなくては、知らないのです、だから言える」

「家は大切でしょうか、しがらみは嫌いなので、とうにそれらとは離れて暮らす。仕事を辞め息の続くは職業にあるまじき、危険に過酷、日常をそちらと両立を選らび、抱えたとて家族が負担を強いる、及び腰とも、。ただ、かけた苦労はこの目で把握しておきたい」硝子容器に栓を閉じた。

「こちらへー」小さい種田が手を振る、子供みたく川岸で沢蟹でも見つけた見てほしい私が見つけたんだよ、発見とお褒めの言葉と喜びの共有。

 颯爽と小走り、固く固めた垂直の上半分、ひらひらとネクタイが靡く。

 風が抜けた。