コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

小説は大人の読み物です ch 2

「乗務員らの影を一目でも?」アイラは首を振り、解答をこちらへ、人影のあって乗務員が姿は目について、「打ち明けていましたでしょうね。ミキサー卓をばかりにステージのアイラさんを見てもおりました、しばらくも私が背後は空きます」
 航路を外れた痕跡は、カワニが戻りコーヒーを水の代わりに、「上司より集めた航行記録を提出するそうです」
「安全は示したくて、」乾いた声、痛いところをカワニは口を潤します。隣りの刑事に訊かれた、「往復は、作業の遅れを意味しますし、」鍵は閉め、ました。忘れていたかどうかまでは、こじ開けた痕跡はご覧になれば、そちらは専門ですし」
「使われたケーブルが彼の仕事道具といえましょうかね」澤村は意味深に続きの許可を求めて、種田が冷たく内容を、「どうも。コンテナと荷台を調べてそれからでもと思うのですよ」お分かりでない、カワニへ彼は疑問を抱いた様子は少しも、仕方ありませんね平等に置いてけぼりはかわいそうだ、解する権利を有しますよ。
「コンテナか荷台へあなたのケーブルが移る、」
「ケーブルは入れ替わりました物を、」しかし誰がです、カワニがまんまと、女性刑事のいら立ちは見えずと浮かぶ、対面のアイラが鏡面と面てを見せてくれましたので。
「特定を私は、ノンノ」彼は指を立てる、煙草を咥えてまでか。「なぜ下船をまでに、二人が現れて明るみに事実は開かれますよ」、警察を呼び込むが狙い、アイラがつぶやいた。吐いた、というべきでしょう。気分を害した、言わずして通れるものならば、あいつが吸って私が、彼女は煙草をくゆらす。印象の悪く、この限りでして目ざとく背後忍び寄る女店主へ、カワニが貸し切りの会計を一手に「我々が、」熊田の呼び声を聞かぬふり、行きましょう、レジへと案内を頼のむ。
「私は打ち明ける役目であった」
「不穏に皆さんの表情が、船内で拝めた」
「トランクは鍵がかかっていましたと、」アキがいう。盗み見、平気と眉を。
 私たちを連れ駐車場へ確かめに行けませんよ、だって、「あなたは殴られてトランクよりあの方に救い出された」
「ご説明を」私の負傷はこの人が連れた女性の行方に顔が向いていたのだ。アイラが口をつく、滑り出しは同時も、レディーファースト、僕は煙を好みましょうよ、ふかと紫煙は昇れる。目が移り、凶器よりも疑わしき犯人が次の犯行に身の守りを強要された、怪しまれてはいただろう、共犯者に殴らせて私も曲にあやかりたいとは、携行し事なきを得て、いいや、私は空いた隙間の埋まる、ある、しかも業界に通じ情報に身近な者で、セットリストをいち早く犯行を知らせ、殺せ、煽りなさい、さもなくば私もお前もだよ、ゆすり操りをやってのけた、。
 ひろう、二日を前に時と戻る、休日はごみをまとめて久しぶりに町内が人にあいさつを、冷蔵庫を片付けて火の通し粗熱を取って冷凍庫に、掃除と洗濯、洗車を済ませて朝食と昼食を磨いた車に乗り定食を食べた、洋服は古着を見繕いやすく済ませて、秋と冬の支度、船内は初めてであるから、音は一つと体に休日は耳を休める。