コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 6

「その方ではありません」私が、オオガキはアイラの向きに「力加減を心得ていたとでも」血を流し皮膚の割けて、私は被るのですけれどもね、憤懣、息の荒い。
 殴らせた者が消息を、私たちの聴取を避け事実はねじ曲がり届く、刑事に続き、「言われてみると背後からとオオガキさんは言われて、」裏へ回るには反対側を通りまして、あなたの作業台を後ろに通路に出る。カワニは目のやり場は片付けに卓を見ていたでしょうけど、客席より人が上がるは注意をせずとも気が付いていますよ」
 カワニの同意は流された。「音響係りを演じたのでは?」探偵が思い付きを、場が面白くて愉快、他人事だと私が疑われて彼の連れは容疑の薄れるか、仮面を剥いで余計に前をこの人は見せていたとでも、自らをより侮蔑に扱えと。
「オオガキさん、ケーブルの確認を」これは任意であり、戻る男性刑事に私はこの場からの退散をならば、「いきます」腰を上げた。あともう少しで、腕を振るカワニはマネージャーの役割に徹するのだ、素性をまでは問わずに、「会計を」ドアに手をかけた熊田を止めて、呼び鈴に遅れた店員を待って間、ケーブルをコンテナに収めたとして私が仕事には痕跡を見つけたとてだ、作業は素手行う、コンテナの鍵からも私は意識を奪われた身、悪く合鍵を造り中へケーブルを隠した。疑問が湧く、「会計は既にあちらのお客様が」だからレジへ遅れたとでも言いたげ、一人分の料金をオオガキは品物を告げて、合計額を聞いた。
「公私混同は少人数に疑われまして、大掛かりに上層部も動いています、支払いは気持ちだけ受け取りましたから」
「煙草は買えましたか?」倉庫街、朝の早くにトラックの出入りもまばらにこちらは道路に歩道と広い。この通り、コンビニまで歩くはめに、フェリー乗り場が受付には銘柄はあれどこの種は人気がなくて、薄緑の二本線が目に鮮やか。
 船着き場、遠方から斜め上、頭上にタラップが、オオガキと熊田は接岸し陸とつなぐ出入りの板を歩いて乗船をした。車両は側面の入り口を、コンテナと荷台は船首よりなのか、ひと気のなく響く足音がやはり洞窟に思えて。刑事が一人扉を前に出迎えた、声の高い若い男性である。二言、手を添えて秘事、二度目に建物の形が解かる。建造物だろう、垂直に上へ横へである。「どうぞ」そむけた首が痛まずに折れた、安堵はけれど束の間であった。
 隠そうかとも、だが顔は近くに目は四つも監視を逃れられは。息をついて、息を呑んだ。コンテナの中に私のトランクが内部をだれが見事と、感心も発した感情である、機材をそっくり並べるならばまだしも、オオガキは二人と見合わせた。演技か判じてもらう、「どう思われます?」熊田は中へ遅れて入り尋ねた。
「私の車です、そっくりな」偽造ナンバーも同一車が路上を走りましてもね、本物が船の中で待ち、気兼ねなくドライブに外へ出られます。規定速度を守り、トン。バックライトの上はボディを叩き、位置を知れて代わりが務まる。
「私が殺される役だった、」いえ、きっぱりとしかし言葉は歯切れの悪く、
「死はあなたが所有する機材ですかね」認めがたくも刑事は考えを告げた。