コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

鯨行ケバ水濁ル 梟飛ベバ毛落ツル 11-2

お題「起きて最初にすること」

見えていなかったのです、死体の右半身を。聞いておられなかったようですね、右は見えています。右目右側の視神経と左目右側の視神経の働きが鈍り左側の視野に欠損が生じた。対象物との距離の違いが物体を三次元の立体に見せ、奥行きを人の目は獲得した。平面を見るための機能に微かな左右差、両目の神経を左右に分け更には右目の右・左側、左目の右・左側を設けた、左右片方の視野でも奥行きを我々は感じられるのです。兎洞さんが遠矢さんに呼びかけつつ死体を視野に収めるには死体全体が入りきらない、視界の片隅をちらつく程度だった。しかも、ええ、こちらのドクターが仰るよう、彼女の視覚は無意識に欠損部をあたかも健康な左半身の肉体を目安に、比べ創造し、脳内に像を作り上げた、一つの健康な塊に。よって意識を失う、あるいは眠りこけたお客と、勘違いな発言を遠矢さんに投げかけたのです。彼女は異常ともいえる映像処理を常日頃より行っていた、それらしい形を瞬間を逃さず読み取る場面に日々出くわす、躊躇はもっての外。私たちに置き換えるとありえない事態に思えます。しかしながら、それは左側を含む両側の視界という与えられた安心を私たちは捉えてしまえるからである。左側が見えない彼女と半開きのドアでは不十分、手帳に書かれた内容は矛盾し、彼女の言い分は破綻をきたてしまうのです。ようやくここで次の登場人物、家入さんに話は移ります」日井田女史は手際よく時間を計ったかのように家入と兎洞にコーヒーを運んだ、一つに結ぶ髪が揺れる。店内は日井田女史の一挙手一投足に釘付け、続きを飼い犬のようカウンターに戻った主人の号令を待ちわびる。

「兎洞さんのほか、家入さんも隠蔽に手を染めた。ご心配なく弁解、反論の機会は設けます、不要でしょうけれど」