コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

蓬 麻中ニ生ジヨウト助ケナケレバ曲ガリクネル 自ズトハ偽リ 1-3

はい、支配人の同意を得られました。チェックインから客室への案内にとりましても彼らは誘導を真っ当、列の先頭を歩く。そして、客室に到着し、入出を促し後について入り口付近にて室内の利用を簡易に説明し部屋を出る。リゾートホテルは丁寧な接客を過剰と判断されているようで、私としては実にありがたい配慮と言えます。煩わしい世間から逃げた、世話好きの女将が名物である旅館は当人の自己満足を許容する大らかな旅行先特有のゆるみ、この恩恵による。毎日であれば当然煩わしさが表出します。『ひかりやかた』における抑えた応対は利用者の立場を尊重し、それが事件に利用された。ええ、また利用です。好都合と辻褄合わせは表裏一体、受け取る方それぞれ。室田海里さんと私と遠矢さんとで男鹿山に出かけた際、遠矢さんはこれまた先頭を歩きました、途中登山客数人とすれ違いましたがそのとき彼女は何度も肩をぶつける。庭みたいなものだ、という発言に反していた。あなたは話を最後まで聞く癖を強制すべきです、外に出る願いを叶えた、室田さんに任せたっきりのあなたに意見を述べる資格はなし。まだ幼い?彼女は人格を持つ人間です、大人と同等に扱うべきだ、逸れに彼女とは外に出るという利害関係が一致したので、手を貸したまで。山を登ることは成り行き上そうなったまでで別々に行動するつもりでしたもの。では話を戻しましょう、ホテルの規則と遠矢さんの行動に続いては彼女の持病にスポットを当てる。手元のこの資料はそちら十和田さんの所有物です。経緯はさておき合法的に入手されたようですので詮索はまたの機会を個人的に設けてください。カルテの記載内容は遠矢さんの病状です。彼女は、後頭部の強打による後頭葉損傷から第五次視覚野に異状をきたした。視覚を司る領域で主に動体に対する知覚を担当、納得されたようですね、ドクターの頷首も得られた。停止した物体のみを視界に捉える遠矢さんは顔を出し室内を覗き見る兎洞さんは見えていて、家入さんは声のみの知覚に留まる。動いていたのでしょう家入さんは。その質問は待ち望んでました。山城さんがおっしゃる彼の飛びぬけた記憶力を踏まえるとドアを持ち上げようなどとは思い至らない、ただ彼の病歴はそれを払拭してしまう」