コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ch 9

「頼まれた機材を」頭を向ける一台はオオガキの軽ワゴン車、去るカワニは腰の低く、関係を仲睦まじくとは、見えたか、角度によりけりさ。はい出て運転席をお尻から、反対へまわれよ。問いをぶつける、手にしたキーの正体は、「犯人では、あなたが答たえ」ボンネットとトランクのロックを除く権限のサブキーであると、使わずに開いたでしょうと、またも突飛な発言を、言わずしてもたらされる、ロックの解除はなされてボタンをほら、ドアは持ち上がる。
「フラッシュのボタンを押しなさい」愕然と水の泡はごめんよ、客室へ戻り免許の有無を尋ねる、根気強く地道は罵声の浴びせかかり、涼し気に装う。上層へ、留まるよりは、応じてあげるわ、けれど肩書がありませんもの。お国を背負う方が名刺の一枚を手ぶらのはずが、危険な橋をあなたは渡ります。知った口を、首を振って上層、殴打、出てきた者へは待機を、通路を一方へ確かめて、張る、「免許証を持つ者は残ってくだい」目視、反対へ顔を、手の上げて軽く握るこぶし、苛立ちは控えて彼女は呼ばれた。
「大胆にも、合理は認めます」けれど、助長が高まりは被害が前後左右斜め、責任は重くでしょうね。端的にまとめた文面がカワニの口をつく、手すり越しはステージの去ろうと楽屋への足が、上半身はままに首を後方上へ、通常の持ち物検査に加え危険を伴います、了承をはい、アンケート用紙の回収に合わせ捺印を求めます、こじ開けられた末路がこの先訪れないとは断言、明言をそちらお隣りは避けて、朱肉は売店に予備が置いています、私の許可は、彼は刑事は名ばかりと判断に応じた。カワニは風に駆け抜ける。
「喜びなさい」「新参者」「精が出ますね」観客が僕と思わないように、仕切り越しに私はひっきりなしに、外れくじを引かされて予測が甘く、知っていて。上を選ぶ、監視は殴られた男の左隣り、簡易なあてがわれた椅子、船内の椅子は持ち運べる重さに非ず、ステージ前は格納式の板と支柱が座席を増やす。開演、はじまるも、音、二度同じ手を芸のないことを、あいつのこと、裏を掻くもあり、登場にはしかしやっと、想わされた。調べの経過に注ぐ彼が目に姿が映って、誤解も、晒した。
「こちらの部屋に、私が伺いましょうか?」妨げて一声に誘惑は働きの悪く、羽織るカーディガンは皆が和らげ、人垣の道の開らき、瞼を下す。脳内が形はつい数時間前の出来事、稀に現実で起きているのだと知覚に新た境地の植え付けたばかり、跳ね回る浅く眠りにおぼろげな夢の至福、縛られた右側手足が床と着き、骨に見事な支えに首と左が赤く紐に均衡を保つ。このぐらいでよいかしら、目配せを彼へ、背中に肩へ震えは戦慄を見せた、あれが前ではとても、取り直し対峙せよ、面白くなるわ。
「あなたは、見せびらかした手前ね。おいしいのに」風の避けて灯す火は高くをやめたくて、戯れたくて紛れ消える。手を離れました、所在を求めるの、聞かれて答えた口はいくつの顔をもつのやらといまさらながら変化の術に長く長けたものよと自ら顧(みつ)めて、破壊、駆逐の果てが開けた世界では、。あなたは事態を、私は傍観を、あの者は没入に、あのひとは私がもとへ興味の引かれてる。ありません、勝算など一度きりに、次回は別の、理解が早くて助かるわ、だったら、素敵。男は風と閉めた。