コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

2  1334

「こちらです」タイヨウ食品に着くや出迎えた研究員は外、運搬はしかし先を潜らずには、地上に建物は埋まります、さあと、開口部より中へ外と通行に支障はなくだが。

 案内された先は喫茶店である。澤村は表のテラスに小ぶりなカップを指を立て嗜む、笑い行き過ぎる観光客は見当たらない。店内は新聞を広げる蓄えたひげの老人が入り口ドアを挟んだ奥に、PCを見つめる男性が私の斜め先に、店員は一人見える、厨房と店内と境に立つ。

「この曲を是非お二人に」趣味が合うと思いまして、研究員はやおら端末より音を鳴らした、二人の客は耳を立てるも一人の若者はこれが続くと判断、イヤフォンを装着し老人は陽気に横へ揺れる。店員だけは警告の瞳を送り時間と音量により停止を促す構え。

「盗聴をかつて経験されましたね」飲み物は運ばれる、近寄る店員の距離も考えての、しかし土の調べは胸の内に、種田は研究員に手渡される名刺を見つめる。ジェスチャーも怠らず、外の運転手は見張り役である可能性を書き、外向きに久しぶりに趣味の合う同志に音楽はこの人に限る、仕事とはいえ、これからもそうだコンサートにも時間が合えば、どうかな、非番の日は不定ですからね、いやはや愉快。ジェスチャーと白紙を埋める単語はかけ離れて、熊田の技量に私は改めて舌を巻く。

 外は部外者、非刑事。近時の公演先を書くふり、地図を描き単語で事態をつなぐ。

「共有したくて、はは」頭を掻く。早口に駆け抜ける、「館山さんは土のほか、種も調べてとこちらがhit。パウチに充填されたは活性酸素、老化を促進させる成長を阻害する。冬眠が解除され、開けたときに活性酸素を種が吸いますので、生育は現状のよう満足とは程遠く、実りまえに枯れ果てる」一同の額は寄る。

「付録についた種を農家が育てますか?」種田は言う。

「種を買い求める農家へは種苗会社が、自宅冷蔵庫に保管をするならそちらへ処理を施す」

「不利益」熊田。

「ですがそののち新たに耐性が種が発売、売り出されたとしたら」 

 お客は飛びつく。名の売れ消費者、食品製造のあまた企業はこぞって門をたたく。

「実験室は守秘義務、情報とて持ち出せば多額の負債をあなたは返済に今後当たる」勇気こそ人生を破たんへ追い込む、英雄は多勢がこちらへ傾き他者が言う、彼は莫大な利益をこれより懐に集めよう舌なめずりの役員らを敵に回すが、。

「不穏な動きを私が見せ、この身に異常が降りかかれば、です」彼は目を外に送る、「私が彼を雇いました。危険が及ぶと、通じあなた方へ伝わる」煙草を一本もらえませんか、彼はtoneを上げた。窓側は喫煙席の証に隙間から風が通り、巻く。

「ちょっと拝見を」手に取り表示を確かめ、熊田に返した。断り、一本を頂く。「若いころ吸っていましてね、また最近吸い始めたのですよ」殻の箱が、わざ々見せずとも、種田は土についてを尋ねた。

「そうでした。あっともう戻らなくては、うーん、これは惜しいな」路上につき喫煙は周囲が被る訴えを正に検証を行う、真実であることの立証ではなく、それが虚偽であることを証明できなければ、処分はまま下る。人が消えた外は好都合だと、危険を冒して、ささ自社までを四名は引き返した。煙草を吸いながらしゃべられませんよ、だって外でなければ買えませんからね。熊田の銘柄は国内に限るのか、二人の会話を半歩後ろ、それから二歩下がり探偵がつく。

 くしゃみを一発、建物に戻る研究員が腕はすれ違う女性社員にかばと両腕を、熊田と種田が追う間を与えず、殻のshutterが閉じた。

 いつの間に熊田の自家用車が敷地へ乗り上げ運転席は澤村が顔、「目的地はお決まりですか、お客さん方」

 地鳴り。町の割れる、迷路を縫い崩れ落ちる、町が追いかけた。