コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

赤が染色、変色 3

 しかし、過去の事例ではライブ開催の翌日に死体は見つかる、気は抜けない。連続殺人を食い止める方法は、ライブの中止が残された強い手札。だが、最終週の福岡の開催をもって彼女はライブの終了を決めていた、変更は受け入れないつもり。公演中止の働きかけには断固、警察からの要請に真っ向から逆らう態度で臨む。ツアーと事件を嗅ぎつけるマスコミへ格好の餌を与えているようなものだ、黙っていれば彼らは次の新鮮なまだ、息を引き取ったばかりの骸に食いつくのだから。それに定期ライブと比較する大量のデータ収集、これをアイラは主眼に置き、ツアーに繰り出した。指図は受けない、そのためにこれまで刑事の質問に答えてきた、いわば借りを作っておいた。不本意ながらも質問に応じるアイラ・クズミ、が私を捉える彼らの見方。備えあればなんとやら、である。

 アイラは大分コンベンションセンターの二階、コンサートホール、オペラや観劇の公演に作られた会場、ふかふかの椅子に腰を下ろして、楕円を模した広大な空間に見入っていた。波を思わせる舞台両脇の重なり、設計者は反響、音響きをどのように図面に書き起こしたのか、彼女には不思議だった。パンと拍子打つ、音たちは一度三百六十度に広がったかと思うとすぐさま引き返す。高い音は余韻を残した来訪、低音はするりといつの間に返ってきたの?と聞きたくなるほど自然だった。ただ……、そうただ、である。

 浮かないアイラの表情をいち早く察知したスタイリストのアキは、少ない接触で最低限の言葉数を使用し、質問、いいや疑問をぶつけた。アイラはそれに対し、アキが用意したステージ衣装に不満がないことを、告げた。ステージで歌う姿の想像が車内で検討した衣装との兼ね合いに不都合と違和感を抱いたのでは、アキの繊細さがもたらした無意味な接触だった。

 地下一階のホール、階段状、取り囲む客席はかなりステージとの距離を感じる、視力の良い自分でさえ、ステージ前のカワニの表情を読み取ることは難しい、手を振り、呼びかける彼の行動でようやく感情のベクトルが量れてたくらいだ。彼は何かを訴えてる。また、難題が発生したのかもしれない。アイラは駆け上がるカワニを待った。