コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

本心は朧、実態は青緑 6

「死体のようです」アイラは片目を閉じて、そっけなく応える。「お客の搬出はどうします、警察の車両は一応、交通規制を装うよう提案された方が、後々世間に広まる情報の食い止めにはなります、私のライブとの関係性をつなぎあわせたくないのであれば」

「刑事さん!」カワニはすぐに手を挙げた、制服警官も含めた警察の面々が一斉に彼に振り向く。一瞬たじろいだものの、勢いそのままにカワニは過剰な手振りを交え、事情と提案を告げた。

 カワニを避けて不破がゆっくり、ポケットに手を入れて近づいた。禁煙用の透明なパイプをくわえていた。なにを咥えているのか、指摘して欲しそうなあからさまな行動は非常に稚拙に感じる。

 肩を開く、振り返るカワニが言う。「表の車両を道路脇へ移してもらえませんか、あれでは観客が出るに出られません!」

「緊急事態だって、おわかりになりませんか?」不破は手を広げる、長い手だった、アイラとカワニを交互に見つめる。「人が殺されている、殺人です。自ら命を絶ったのではない、まだ周囲の警戒を解ける状態ではありません。それをどうか意識に上げてもらいたい」

「しかし、お客さっ……」カワニの反論は遮られる。

 不破は指を立てた。「教会はアイラさんのライブ会場として利用していたのですよね?」彼は尋ねる、首が数度傾いた。マリオネットを髣髴とさせる機械的な動き。

「は、はい。ですからね、私は前の会場との」カワニは声を潜めて話す。「関連が憶測であっても噂に上る、これを懸念しているのです。どうにかなりませんか、刑事さん」最後に彼はすがった、不破の袖を掴むカワニ。

 そのとき、鑑識の一組が姿をみせた、紺色の制服と帽子に身を包んだ彼らは、土井の案内でそそくさと仕事に取り掛かる。車両がもう一台増えたか、観客がパトカーを見ることなく会場を離れる想像はもはや非現実的な淡い期待だとアイラは思った。また事件に巻き込まれたようだ、不運としかいいようがない。あるいは、私の職種やそれに準ずる活動が要因の一部を担っているのかも。

 カワニはアイラにこの場に留まるように、それと、なるべく教会の壁に張り付いて、警察と一緒にいる時間を極力減らすよう、言いつけて、また忙しなく教会の表に向った。観客がこちらに足を運ぶ心配は、警察が出入りを禁じているため、払拭されている。