コンテナガレージ

コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ROTATING SKY 1-3

f:id:container39:20210227075506j:plain

 いつものように工場隣の駐車場に車を止めて出勤した。

 更衣室のドアに手をかけた際に、呼び止められた。

「理知さん、ちょっといいかな」白い抗菌コートを着た上司が手招きする。皺の目立つ目立つ顔で呼んでいた。

「着替えてからでもいいですか?」上司の表情が曇る。私の横を次々と社員が通り抜けていく。

「いや、会議室で話そうか」

「はあ」いつもなら仕事の遅れを嫌う上司が通常の流れを止めてまで伝える話とは何であるか、理知衣音には皆目検討がつかない。

 理知たち社員が出入りする裏口を入ると突き当りまでの廊下、入ってすぐの左手が男女の更衣室、その真向かいがトイレでそのまた先の左に事務室、営業部があり、向かいが会議室となっている。

 上司が会議室のドアを開いて先に入るように促す、不信感というよりは違和感を覚えつつ案内に応じた。

「お忙しいところ申し訳ありません」会議室には警察が二人、見透かすような態度で椅子に座っていて私が顔を覗かせると立ち上がり挨拶をしてきた。悪事を働いていないのに警察を怖がるのは、単に良心が備わっているか、いないかの差だろう。お天道さまが見ている、といった作用である。

 上司の態度がこれでやっと理解できた、少しなら遅れても構わないと言い残してドアが閉められる。

「あの、会社まで来られると何かと要らない噂を立てられたりもしますから、今後はこちらには来ないでください」衣音は、溜息の後に警察たちに約束を求めた。着席をすすめて自分もソファに座る。会議室はテーブルに向かい合ったソファと左手に長机と椅子と会議用のホワイトボード、窓はブラインドが日差しを遮る。

「それは重々承知していますが、急を要する事態なので迷惑かと思いましたが直接あなたに話を伺いに来ました」女性の刑事が話し始めた。男性的な印象を受ける。しかし、服から覗く肌の白さは女性特有のキメの細かさである。

「これから直ぐに仕事ですので、手短にお願いします」本当だ、迷惑なのだ、私にはそう言えるだけの権利がある。

「ご主人が亡くなられた際に起きた事故ですが、ご主人は何者かに恨まれていた事は考えられないでしょうか?」

「いいえ、主人は争い事を嫌っていましたし、性格も穏やかで喧嘩になるような事はこれまでにはありませんでした。それにお酒も家でしか飲みませんし、仕事が終われば私と一緒に帰っていましたから、友人との付き合いもなかったように思います。刑事さんたちは一体何を調べているのでしょうか?あれは事故ですよ」そう私の決断は揺るがない、今になって作為的に殺されたなんて言われても困ってしまう。

「あなたはPCにお詳しいですか?」矢継ぎ早の問い。

「は?パソコンですか、ええ、まあ詳しいほどではないですけど、一応は扱えますが専門的な知識はありません」

「PCの初期設定も助けを借りずにこなせますか?」

「それぐらいなら。何度かクラッシュしたパソコンを分解してハードデスクを取り出してからは、それなりに扱えるようにはなりましたけど……、なんなんです?」質問の意図がわからない、パソコンがあの人の死と何か関係があるのか。