コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

店長はアイス 幸福の克服2-5

 処罰を甘んじて受け入れる刑事たちを一瞥、股代は憤慨を押し殺して再び椅子に座った。

 熊田はまた歩き出す。「紀藤香澄さんはあなたのおっしゃるようにベンチで亡くなっていた。それに大嶋八郎さんも。ただし、同じ場所で亡くなったという事実は公には未公開の情報。なぜ、その事実をあなたは知ってたのか、私は不思議でなりません」

「ネットで調べたらそんなのいくらでも載ってる」

「ええ、たしかに。紀藤香澄さんはあのベンチで亡くなりました、大嶋さんも。どうやってなくなっていたのでしょう。ベンチですから座っていたのか、または寝ていたのか。このどちらかに大別される。ベンチで死んでいたという表現はベンチ付近で死んでいたのかもしれない。その他に目印がなかったとも言える。とにかく、死体の近くにベンチがあったということが言える。回りくどいですが、大切なので強調させてもらいました。先になくなったのは紀藤香澄さんです。彼女が残したネット上の日記に休日の行動記録がありました、せいかくには日記は休日の記録だけです。日常のことは一切書かれていない、まるで隠すように。彼女が座っていたベンチの下から一冊の本が見つかりました。これは彼女が休日に訪問した店で彼女が忘れた本と同じタイトルです。死ぬまで毎週、休日に訪れた店で彼女は同タイトルの本を忘れていました。忘れやすい性質だったのでしょうか、毎週本を忘れていくのは特殊でしょうね。またさらに特殊なのが、おもしろいことに本の印字が逆さまなのです。現場で見つかった本も店で忘れていった本も」

「本なんて知りませんよ」

 熊田は淡々としゃべる。「続いて、大嶋八郎さんが同じ場所で亡くなる。どうしてだと思われます?」

「さあ、あなたが言うように彼女が好きだったなら同じ場所で死にたいと思ったんでしょうかね」