コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

重いと外に引っ張られる 1-7

f:id:container39:20200509131858j:plain

 それから、20分後に熊田のシビックが鈴木の車の後ろに停車。熊田たちが到着するまでに車は一台もこの道を通過していない。
「お疲れ様です」駆け寄る鈴木。熊田は日差しを暑そうに遮るように額に手のひらを当てて、苦い顔をした。
「現状は?」
「おそらくは人だと思いますが、倒れています。呼吸、脈ともにありません」
「おそらく?」ポケットから出した白い手袋をはめながらトンネルを目指す。現場は黄色いテープが目印となっている。種田も二人の後ろから足音を立てずに追従する。暑さにも寒さにも一言の文句も言わない後輩を鈴木は本当に人だろうかと思ったことがある。しかし、今ではそれも当たり前となり特に種田に対しての批判的な意見は思い浮かばなくなった。誰にでも人とは異なる一面が存在し、目立とうとする。極端な例を種田があからさまに開き直ったように魅せつけてこちらの反応を伺っている、とさえ最近では思うのだ。だから、もう何も思わない。回りまわって、自分にも周囲に対してなにか似たような異質な一面があるはずなのだとの解釈に至れば、これまでそれについて誰も何も言わなかったのは周囲が気を使い、黙っていてくれたからである。私ももう飲み込もう。
 熊田が緊張した警官に敬礼してテープをくぐる。晴れであるから、トンネルの出入口から光でかろうじて視界は保たれている。夕方、日が傾き始めると途端に暗黒の世界に引き込まれるだろう。死体、おそらくは死体と認識した物体は死後からそれほど時間を経てはいない様子で、まだこの暑さでも腐食は免れているようだ。トンネル内で直射日光や一定の温度が要因かもしれない。鈴木はじっと死体を見つめる熊田の発言を待った。彼は、顎に手をやり、しゃがんで顔の状態を確認する。手袋をはめているが鑑識の捜査のために黒い物体には触れずに調べていく。
 よく見ると、死体の髪は長い。女性だろうか。