コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

がちがち、バラバラ 6-4

「残念だけれど、あなたの指名の多くは少なくとも憧れが土台なのよ、あなたは気がつかないかもしれないけど、カットされるお客の顔を輝いた瞳をあなたは見ていないのでしょうね」もう一人の従業員の女性が出勤。男の視線が仕儀の背後の動きを感知して仕儀へ戻されたのとドアの開く音それに現時刻を考慮して、仕儀は従業員が出勤したのだと察知する。
「なにがあったの?」女性は見習いに小声できいた。
「いつもの服装、店長、カンカン」そういった内容を見習いはジェスチャーで表現した。鏡に映った姿を横目で仕儀は見つつ、鋭い視線を男に送りつける。
「店長は僕に指名のために毎回服を代えて、出勤しろというんですか?」
「いいえ、違います」
「まったく、またはぐらかすんだ」男の片足が床を踏む。ステップを刻んでいるみたいに。「いつも自分で答えを導き出せって、だから朝帰りであっても仕事には迷惑をかけないようにこうして新調した下着をわざわざかばんに詰めてんですよ」
「同じ服でもいいのよ」
「はい?今さっき同じ服はダメだといいましたよね」
「ええ。だから、あらかじめロッカーに服を揃えておく。それを着れば朝帰りは許可するわ。しかし、毎回その用意する服は別のものに代えて欲しい。上下の組み合わせが同じだと悟られる恐れがある。熱狂的なファンというのは服装ひとつ取っても克明に覚えていますから。それと必ず服はクリーニングに出したものでなくてはいけないことも加えましょう。おきっぱなしだと匂いがついちゃうから」
「横暴です」急所を突かれたのか、反論の姿勢は見えない。音量も小さい。
「わかっていますそれぐらいは。ですが、あなただけが条件を提示して、こちらだけが受け入れるのはフェアではない」
「今日で決着がつきそう」女性従業員が固唾を呑んで見守る。
「わかりましたよ……」降参の合図、男は肩まで両手を挙げた。「めんどうだなぁ」
「そう、良かった。あれ、そこにいたんだ」存在を把握していた女性従業員に仕儀はわざとらしく言った。
「おはようございます」興味をそそる話題に彼女はいつも食いつく。目が獲物を視界に捕らえている。「あのう、いつものですか?」
「聞いてたんだろう、蒸し返すなって。ほうら早く急げ、もう時間だ」男は女性を半ば強引に引っ張る。
「店長、後ほど詳しいことを聞きますね。忘れないように」奥からかすかな声が店内にまで届く。