コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

摩擦係数と荷重5-5

f:id:container39:20200509131858j:plain 二杯目のコーヒーを注文する。店内には賑やかに、夕食を摂る人々が集まりだす。一人の客がその大半であった。一人暮らしにおいての食費は自炊よりも外食の方が安いと言われる。果たしてそうだろうか。一から作る手間や出来上がるまでの時間が惜しいだけではないだろうか。大勢で食べるご飯は美味しいなんて幻想は、食べながら溜まった鬱憤や胸のつかえていた思いを吐き出したいだけであって味は一緒。独りが寂しいのはそれをどこかで望んでいるから。誰かと居たいのならいくらでもあなたをもてなしてくれる空間は存在する。ただ、そこに至るまでの経費、時間がもったいないまたは時間掛かり過ぎると思っているために行動に移さないだけ。心底、望まれてはいない。
 2時間弱の長期滞在を終えて、3人は早手亜矢子の母親、早手美咲が働く事務所に向かった。時刻は、5時半を過ぎたところ。主要な幹線道路を走行した車は夕方の帰宅ラッシュに巻き込まれ、思ったようにアクセルを踏めない。満腹の刑事たちは、コーヒーの作用でかろうじて眠らずに見えづらい車窓からの流れない景色に身を任せている。このペースだと事務所に到着するのは6時を過ぎるだろうと、誰もが思っていた。それでも約束の時間は7時であるからたっぷりと余裕はあるのだ。熊田は遅い車の流れにも急ぐ理由がないために気持ちは穏やかである。
「熊田さん、さっきの質問なんですか?」退屈にしびれを切らして鈴木が質問する。
「まだ、なにかあるのか」ミラーの角度を調整しつつ後ろの鈴木に応える。
「そうではなくて、その、犯人はもしかすると見つけて欲しいんじゃないかと思って」
「どうしてそう思う?見つけて欲しいのならば、自首すればいい」
「かくれんぼみたいに、探して探して見つけて欲しいんです」
「お前が犯人みたいな口調だな。まあ、考えないこともないな。探し欲しいってのは元来、人の欲求にもある。近所の高齢者に捕まるとまくし立てるように話してくる。本人は自覚がないのだろうが、誰かと話したくて、話したくてしかたがないのさ。内容なんてない。ただ話したいそれが極限にまで高まるとつながりを求めて犯罪に繋がる」
「二件目では被害者の遺留品は現場にありました。見つけて欲しいというサインでしょうか?」まっすぐ前の車両の大きなテールランプを見つめて種田が言った。
「さあ、なあ。でも、見つけて欲しいのなら説明がつくし、次の犯行も必ず起こる」道路沿いのガソリンスタンドから車が給油を終えて車道に戻ろうとウインカーを出しながらタイミングを図っているが、渋滞のためにスペースはぎっちりと前車との間隔は狭い。