コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

ニトリのスチールラックSTANDARDの組み立てと使用感

 

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

2月の初めに、ニトリでスチールラックSTANDARDという商品を購入していました。プリンターやコーヒーメーカー、PCの周辺機器を納める棚が欲しいと思い、色々と検索し、ニトリのスチールラックSTANDARDに決めています。

 

机に置いていた物をスチールラックに移せたため、仕事用の本を置くスペースが確保でき、大変重宝しています。

 

では、ニトリのスチールラックSTANDARDの組み立て方と使用感はどの程度なのでしょう。この記事では、ニトリのスチールラックSTANDARDの組み立て方と、一カ月ほど使った感想を紹介します。

 

 

 

 

ニトリのスチールラックSTANDARDのサイズ

ニトリのスチールラックSTANDARDのサイズ

ニトリのスチールラックSTANDARDのサイズ

ニトリのスチールラックSTANDARDのサイズは、以下の通りです。

 

【スチールラックSTANDARDのサイズ/2段タイプ幅65cm】

  • 幅64.5×奥行29.5×高さ80cm

 

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

画像のように、一番下には、ごみ箱とPCの周辺機器を詰めたボックスがちょうど収まります。スチールラックの2段目には、cannonのプリンターを置いていますが、スペースには十分空きがあります。そのため、仮置きでごみ袋が入っている箱を置きました。

 

スチールラックの最上段には、コーヒーメーカーを配置。横にプリンターを置いてもいいのですが、落下したときの衝撃を考えて、今は2段目に置いています。最上段の方が使いやすいものの、あまり使わないことも加味すれば、2段目が妥当と考えました。

 

ニトリのスチールラックSTANDARDの強度は、申し分ないでしょう。重量感のある物を載せても耐えられそうですし、ポールを掴んで揺らしても安定性が保てています。

 

ただ、スチールラックの網目は横に広く取られているので、小物類を置くのにはあまり適していません。

 

ニトリのスチールラックSTANDARDのオプション品

そうはいっても、オプション品に専用の棚板が用意されているので、小物類を置きたい方はニトリでの購入の際に、棚板を買い求めてください。棚板の種類は2つで、ひとつはリバーシブルボード、もうひとつがPPシートです。

 

リバーシブルボードは、棚板の向きを変えられ、気分季節部屋に合わせたコーディネートが可能ですので、良く部屋の雰囲気を変える方にお薦めです。

 

PPシートは、半透明の色合いのため、余り色味を出したくない方に適しているでしょう。

 

 

ニトリのスチールラックSTANDARDの価格カラー幅

 

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARDはどの程度の価格で購入でき、何色のカラーが用意されているのでしょうか。ニトリのスチールラックSTANDARDの価格とカラーの詳細は、下記の通りです。

  • ニトリのスチールラックSTANDARDの価格
  • ニトリのスチールラックSTANDARDのカラー
  • ニトリのスチールラックSTANDARDの幅

ニトリのスチールラックSTANDARDの価格

ニトリのスチールラックSTANDARDの価格は2段タイプ幅65cmで、2,306円(税別)です(2020年4月26日時点)。私が購入したもの2段タイプで、手ごろな価格帯で頑丈なつくりだったため、購入を決めました。

 

段数は2段のほかに、34段が用意されているので、荷物の量に合わせて好みの段数を選んでください。3段タイプの価格は3,232円(税別)で、4段タイプは4.158円(税別)です。

ニトリのスチールラックSTANDARDのカラー

ニトリのスチールラックSTANDARDのカラーは、全部で3色。ホワイト、グレー、クロームが用意されているので、部屋の雰囲気に合った色合いを選べます。

 

私が購入したのはグレーのカラー。壁紙が黒だったので、色味が合うグレーをチョイスしました。グレーといっても、パッケージの表記にはダークグレーと書かれているので、グレーよりもブラックに近い色合いといえます。

 

表現としてはマットなブラックが適しているでしょう。オプション品の価格とカラーが気になる方は、下記の項目に目を通してください。

 

リバーシブルボードの価格とカラー

オプション品で提供されているスチールラックSTANDARD用リバーシブルボードの価格は、740円(税別)。カラーは、ホワイト/ナチュラルと、ライトブラウン/ダークブラウンの2種類です。

部屋と家具の色合いを基調とする他の家具は木の淡い色合いで揃えているなら、ホワイト/ナチュラルがお薦め。シックな色合いを基調とする部屋なら、ライトブラウン/ダークブランが適しているでしょう。

 

PPシートの価格とカラー

ニトリのスチールラックSTANDARD用のPPシートの価格は、370円(税別)。カラーはクリアの一色のみです。スチールラックのカラーがホワイトまたはクロームなら、クリアの色合いがマッチしそうですが、私が購入したグレーでは少し浮いてしまうかと思います。

 

とはいえ、物を載せれば棚板が隠れるので、色味は気にならないという方は、価格も抑えられているPPシートを購入しても問題はないでしょう。

 ※価格は2020年4月26日時点の表示に基づいています。

 

ニトリのスチールラックSTANDARDの幅

ニトリのスチールラックSTANDARDでは、棚の幅が2種類用意されています。私が購入したのが65cmで、もう1つが85cmです。

 

部屋の広さや、ほかの家具との間隔、荷物のサイズなどを考慮して、スチールラックの幅を決めましょう。

 

[rakuten:nitori:10237118:detail]

ニトリのスチールラックSTANDARDの組み立て方

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD



ニトリのスチールラックSTANDARDの組み立ては、思ったよりも簡単です。まずは、スチールラックの箱を床に寝かせて、箱を空けます。このとき、床に傷がつかないように段ボールの箱をそのまま下に敷いておくようにしましょう。

 

箱の中には、棚板ポールジョイント用の部品説明書が入っています。説明書の通りに組み立てれば、問題はないでしょう。

 

 ジョイント用部品の取り付け

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD



まずは、ポールにジョイント用の部品を取り付けます。2つセットの部品でポールを挟むように取り付けてください。カチッと音が鳴ればしっかりと嵌っています。写真のように部品の上部が閉じて、下部が少し開いている状態にします。

 

1段目の棚板設置

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

 

ジョイント用の部品を4つのポールのそれぞれに取り付けたら、ポールに棚板を通して、上から押しこんでください。棚は部品の取り付けと同じように、上がすぼまっていて、下が広がっている向きで取りつけます。

また、ジョイント用の部品を取り付ける位置が異なると斜めになり、棚板が平行にならないので、棚の向きと合わせて注意を払ってください。

 

また、あまり強く押すと、ジョイント用の部品が割れてしまうので、並行を確認してから適度な力で押すようにしましょう。

 

23段目の棚板設置

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

次は、ポールをつなげて、2段目3段目の棚板を取りつけます。手順は1段目と同じです。ジョイント用部品の高さと押し込む力加減に注意を払って、取り付ければスチールラックの組み立ては完了です。

 

床がガタついている場合は、ポールの底についているアジャスターを回しましょう。棚が平行になるように、高さを調節できます。

 

ニトリのスチールラックSTANDARDの使用感

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARDを1カ月ほど使っていますが、強度と安定性においてはとても満足しています。軽く体がぶつかったぐらいの衝撃には十分耐えられますし、棚がずれることもありません。

 

ただ、載せる物によってはリバーシブルボードかPPボードを置く必要があるでしょう。

 

それなりの重量があるコーヒーメーカーでも、少しの衝撃でカタカタと揺れてしまうので、小さい底が平らではない物を載せるなら、安定性を上げるためにオプションのボードを購入する必要があると感じました。

 

あとは、模様替えを行う際にスチールラックごと動かすために、別売りのキャスターの購入も検討しています。これなら、いちいち物を降ろさずに済むので、模様替えの時間を短縮できるでしょう。

 

まとめ

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD

ニトリのスチールラックSTANDARD先月購入したニトリのスチールラックSTANDARDについて、組み立ての流れと使用感を紹介しました。ニトリのスチールラックSTANDARDは、デザインカラー強度と、どれをとっても申し分のないスチールラックです。

 

棚板も並べる物の高さに合わせて細かく調整できるので、載せる物が変わっても、余分なスペースが空いてしまう心配がありません。

 

ネックに挙げた棚板の網目についても、オプション品の購入によって、平らな面を確保できるので、小物類を載せることも可能です。

 

組み立てについては、ジョイント用の部品と棚の向き、棚板の平行に気を付ければ、簡単に終えられます。ジョイント用の部品はプラスチック製で割れやすそうでしたが、1組の予備が入っているので、力加減を間違えて割ってしまっても問題ありません。

 

ニトリのスチールラックSTANDARDは手軽に組み立てられる商品といえるので、手ごろな値段のスチールラックを探しているなら、購入するスチールラックの候補に加えてみてください。