コンテナガレージ

仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々

重いと外に引っ張られる 2-1

 f:id:container39:20200509131858j:plain

 銀行内を監視する映像のチェックが終わり次第、通常業務に戻れとのお達しが下り、銀行内の証拠採取の終了とともに相田も署に帰ることにした。抱えている事件もなく、現在は要するに暇である。車の運転も事件を抱えている時はずっと頭の隅から仕事が離れずにいるが、久しぶりの快適なドライブでなんとも優雅な午後のひとときを過ごしていた。
 O署内、二階の一室。デスクには誰もいない、もちろん例の事件の捜査ためだろう。熊田と種田、それに鈴木が捜査担当者である。相田といえば、非常時のための出動要員としてフリーの状態を維持させられていた。事件なら事件用の緊張感を維持可能なのであるが、何度も切れてしまう緊張下では仕事にもやる気が起きなくなる。ぐったりと椅子に座り込んでしまると、うとうと眠気が襲ってきて、そのまま気を失った。
 ドアの開閉音で目が覚める。あたりを見回して腕時計で時間を確かめると20分が経過していた。何気なく、窓に目をやると窓際のデスクに部長が座っている。
「部長!」相田の目が一気に冷める、まん丸と目が見開いていた。
「疲れているようだな」禁煙の室内でタバコに火をつける部長。相田が驚くには訳があるのだ。部長はその肩書きこそこの部屋で一番上の役職なのだが、いかんせん仕事をしないのだ。それに加えて、無断欠勤あるいはまともに署にも出勤してこないのである。レアな存在として、女性警官からは部長を見るといいことがあると幸運の神様のように言われている。民間の会社であったらなら即座に首になっているのだが部長は平然として、しかもそれなり威厳も持ち合わせているから、妙なのだ。
「部長の扱いはもうほとんど幽霊と同じ扱いですよ、見た奴は見た見たって言います」
「幽霊に足がないのは地についていないつまり地上のものではないとの意味だろうか」部長は一人呟く。
「そんなことよりも、今までどこで何をしてたんです?」
「俺がいなくて問題でも起きたのか?」